<アングル宮城>球音再び 感謝胸に 東北地区高校野球宮城大会

2020年08月03日

1枚目/22枚中

大崎中央-佐沼 プロ注目の右腕、大崎中央の氏家=2020年7月24日、鹿島台中央野球場

 新型コロナウイルスの影響で中止された夏の高校野球宮城大会に代わる「令和2年東北地区高校野球宮城大会」が7月11日~8月1日、67チームが参加して開かれた。
 大会は感染防止のため、観戦を3年生部員の保護者のみに限定。鳴り物や声を出しての応援は禁止された。ベンチにはマスク姿の選手が並び、試合後は消毒が行われた。
 3年生にとっては諦めかけていた最後の夏。「野球をできることがありがたい」と感謝を胸に、球児は懸命に白球を追った。
(写真部高校野球取材班)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る