<アングル岩手>大船渡・BMX公式コース完成 校庭跡に猛者集う

2020年07月06日

3枚目/9枚中

<大器>コース脇でペダルなしの自転車に乗る幼児。マウンテンバイクに乗れる日も近い?

 大船渡市に5月上旬、自転車競技の一種BMX(バイシクルモトクロス)の競技場が完成した。国際基準を満たす東北初のコース。週末は市内外の愛好家らが技を磨きに訪れ、子どもたちも練習に励んでいる。
 コースは約400メートル。Wの字を描くように大きなカーブが3カ所あり、セクションと呼ばれる大小さまざまなこぶを設けた。同市の立根小2年及川蒼汰君(8)は「カーブを勢いよく曲がるのが楽しい。全然怖くない」と笑顔だった。
 コースは旧甫嶺小の校庭に整備。夏すぎには体育館がインラインスケートなどを楽しめる屋内施設へと生まれ変わる。
(大船渡支局・田柳暁)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る