<飛沫防止対策は万全に>「透明防護板」東北各地で相次いで設置

2020年06月03日

13枚目/16枚中

<中元商戦 「密」避け安心/百貨店、対策徹底/ネット販売強化>仙台市内の百貨店で中元商戦が本格化した。新型コロナウイルス禍に見舞われた今年は、ギフトセンターの感染防止策を講じた上で、インターネットでの受け付けを強化して店舗での密集を減らす。藤崎は青葉区の本館7階にセンターを設けた。今年はセンター開設の1週間前にネット受け付けを始める異例の対応を取り、対象の200品を5%安くした。センターも新型コロナ対策を徹底し、承りカウンターには飛沫を防ぐアクリル板を設置した。カウンターでは飛沫防止のアクリル板を挟んで接客する=2020年6月12日午前10時45分ごろ、仙台市青葉区の藤崎本館

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る