<飛沫防止対策は万全に>「透明防護板」東北各地で相次いで設置

2020年06月03日

10枚目/16枚中

<2ヵ月半ぶり 笑い咲く/仙台・常設寄席「花座」が再開>新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月中旬から休館していた仙台市青葉区の常設寄席「魅知国定席 花座」が再開した。感染防止対策が施された会場で、観客が2カ月半ぶりの高座を楽しんだ。名取市の落語家六華亭遊花さん、東松島市出身の漫才コンビ「ニードル」など5組が出演した。花座は再開に当たり、高座と客席の間にアクリル板のついたてを設置。「3密」を避けるため40人の定員を半数以下にし、窓を開けて換気しながら上演した。アクリル板越しに一席披露する六華亭遊花さん=2020年6月1日、仙台市青葉区

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る