<飛沫防止対策は万全に>「透明防護板」東北各地で相次いで設置

2020年06月03日

2枚目/16枚中

<アクリル板木枠9台を登米市に/木工芸品協組が寄贈>宮城県登米市の津山木工芸品事業協同組合は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、県産材を使った飛沫防止対策ガードの木枠9台を登米市に寄贈した。対策ガードは縦横60センチのアクリル板で、木枠は組合が地元産の杉材を使って製作した。ウイルス対策で寄贈されたアクリル仕切り板用の木枠=2020年4月15日、宮城県登米市役所南方庁舎

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る