<飛沫防止対策は万全に>「透明防護板」東北各地で相次いで設置

2020年06月03日

1枚目/16枚中

<花巻市役所窓口>岩手県花巻市は、新型コロナウイルスの飛沫感染を防ぐため、市役所の窓口にアクリル製の仕切りを設置し、市民への対応を始めた。転出入や納税の窓口など本庁舎と総合支所に計91基を設置した。標準サイズで高さ60センチ、幅80センチのアクリル板を台座で固定し、下部に書類をやりとりできる7.5センチの隙間を設けた。市契約管財課の担当者は「可動式で庁舎外でも使えるほか、今後もさまざまな感染症に対応できる」と話す。岩手県花巻市役所の窓口に設置された仕切り=2020年4月13日、岩手県花巻市役所

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る