桜満開マスク姿ちらほら 白石城本丸広場でソメイヨシノ見頃

2020年04月08日

1枚目/3枚中

桜のトンネルのように咲き乱れる大手口の並木道

 宮城県南の桜の名所の一つ、白石市の白石城本丸広場でソメイヨシノやシダレザクラが見頃を迎えた。
 広場には天守閣に相当する三階櫓(やぐら)があり、周辺で桜約300本が咲き誇る。県や仙台市が外出自粛要請を出した4、5日にほぼ満開を迎えた。例年なら多くの花見客でにぎわうが、マスク姿の人影がちらほら。つかの間の春気分を味わっていた。
 白石城管理事務所は3月27日、ソメイヨシノが5輪咲いているのを確認し、昨年より1日早く開花を宣言。17年ほど前に記録を残し始めて以降で最も早かった。大宮宗雄館長は「今年は花見を我慢して、来年は心置きなく楽しんでもらいたい」と願う。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る