2019年東北の祭り(11月~12月)

2020年02月10日

7枚目/45枚中

<松明あかし>福島県須賀川市の伝統行事「松明(たいまつ)あかし」が9日夜、行われ、計24本の壮大な火柱が晩秋の夜空を焦がした。須賀川市は台風19号で市内の阿武隈川や釈迦堂川が氾濫し、2人が犠牲になった。大勢の見物客が訪れ、犠牲者の鎮魂や復興を祈った。午後6時半、太鼓の音とともに長さ約10メートル、重さ約3トンの「大松明」に着火。他のたいまつにも次々と火が付けられ、ぱちぱちと音を立てながら赤々と燃え上がった。松明あかしは、伊達政宗の軍勢が須賀川城を攻めた合戦が由来で、戦死者を弔うために始まった。市などでつくる実行委員会によると、市内の広範囲で浸水被害を受け、2団体が参加を断念した。たいまつの材料となるカヤが水に漬かった団体もあったが、仲間同士で融通し合い開催にこぎ着けたという。激しく燃え上がる巨大なたいまつ=2019年11月9日、福島県須賀川市

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る