過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

2019年10月18日

86枚目/101枚中

台風19号の豪雨で水田から大量に流出した稲わらの処理を巡り、宮城県の自治体が危機感を募らせている。農林水産省の支援制度の詳細が定まっていない上、処理が必要な稲わらの全体量も見通せないからだ。来年の作付けに向けた農家の作業が控える中、本格的な処理に踏み出せない自治体もある。水田から大量に流出した稲わら。各自治体が処理に頭を悩ませている=2019年10月25日、宮城県大崎市鹿島台大迫

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る