過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

2019年10月18日

79枚目/101枚中

台風19号の大雨で甚大な被害を受けた宮城県丸森町や角田市などで、災害ボランティアの希望者が早くも減少傾向にあり、被災者の派遣依頼に追い付けない状態となっている。被災者が自宅に戻れば、家財の片付けなどでニーズはさらに高まるとみられ、ボランティアセンターは「このままでは復旧に影響する」と危機感を強める。浸水した畳が運び出された住宅で清掃に取り組む災害ボランティア=2019年10月24日、宮城県角田市角田裏町

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る