過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

2019年10月18日

72枚目/101枚中

台風19号に伴う河川の氾濫により福島県内では、東京電力福島第1原発事故の除染で発生した廃棄物を収める大型土のう(フレコンバッグ)が流出する事故が相次いだ。現場は除染廃棄物を一時的に保管する仮置き場で、十分な防災対策を施せていないことが災いした。県は危険箇所からの早期搬出を市町村に呼び掛ける方針。滑津川の氾濫で除染廃棄物の大型土のうが流出した手古岡仮置き場=2019年10月22日、福島県川内村下川内

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る