<アングル宮城>角田・羽生結弦選手の田んぼアート 稲のリンク優雅に

2019年09月02日

9枚目/11枚中

水田近くの花壇。地元住民が手入れしている。展望台から眺めることができ、羽生選手の勇姿に花を添える

 宮城県角田市高倉の水田が、フィギュアスケート男子で五輪連覇した羽生結弦選手(24)=仙台市出身、ANA、宮城・東北高出=のファンらが訪れる「聖地」となった。地元住民グループ「西根田んぼアートを楽しむ会」の作品が6月1日の田植え以降、国内外から2万人を超える見物客を集めている。
 稲のリンクを優雅に滑走する羽生選手。その姿を写真に収めようと展望台に次々と人が上がる。地元住民は「盆の時期には計1500人ほどが来た」と驚く。
 田園のユヅフィーバーはまだまだ続く。稲穂が実れば、羽生選手はまた新たな輝きを見せる。王者にはきっと金色が似合う。
(角田支局・田村賢心)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る