ヒマワリご機嫌 一面黄色に 由利本荘・西目

2019年08月15日

1枚目/6枚中

黄色のじゅうたんのように咲き誇るヒマワリ=2019年8月14日、由利本荘市

 秋田県由利本荘市西目町の道の駅「にしめ」に隣接する畑に咲くヒマワリが満開になった。人の背丈ほどに伸びて一面に広がる大輪の花が人々を楽しませている。
 約2ヘクタールに約30万本が咲き誇る。大きいもので高さ約2メートル。7月末から「ひまわりまつり」が開かれ、畑の中に設けたヒマワリの迷路に挑戦したりする子どもたちの黄色い声が響く。
 イベントデーの14日も多くの観光客が訪れ、スタンプラリーや花の摘み取りを体験した。ヒマワリを背景に思い思いに写真撮影するなどして、黄色に染まった満開の空間に浸った。
 大仙市の会社員鈴木友美さん(19)は「鮮やかで大きな花に癒やされた。咲いている間は何回でも来たい」と声を弾ませた。
 由利本荘市西目総合支所によると、ヒマワリは25日前後まで楽しめる。連絡先は同支所産業課0184(33)4615。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る