ひめます食べて十和田湖ぐるり 34店で17日からスタンプラリー

2019年08月11日

1枚目/2枚中

十和田湖ひめますを使った刺し身や親子めしなどの料理

 十和田湖(十和田市、秋田県小坂町)の名産「十和田湖ひめます」のブランド化を進める推進協議会は17日、湖畔や十和田市中心部などの認証店34店で、さまざまなひめますの料理を味わってもらうスタンプラリーを始める。

 認証店や湖畔の十和田湖交流センター「ぷらっと」などに用紙を準備。各店で提供する塩焼きや刺し身定食などを食べるとスタンプを押してもらえる。スタンプ数に応じて、1000~5000円分の十和田市や小坂町の特産品を抽選で計30人にプレゼントする。
 推進協は、両市町や十和田湖商工会などが2015年に設立。昨年まで「味紀行」として新たに開発した料理を提供するなどしてきた。より多くの認証店が企画に参加できるよう、今年はスタンプラリーを企画した。小林義美副会長は「多くの人に料理を味わってもらいたい」と話す。
 期間は10月6日まで。連絡先は協議会事務局の十和田市とわだ産品販売戦略課0176(51)6743。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る