<楽天>停滞 打線散発3安打

2019年06月26日

1枚目/26枚中

【東北楽天0-2広島】8回東北楽天無死一塁、三ゴロに倒れ天を仰ぐウィーラー。一塁手バティスタ=2019年6月25日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天打線は手も足も出なかった。広島先発の九里に散発3安打でプロ初完封を献上。交流戦は2試合連続の無得点負けと元気なく終えた。
 攻略の糸口を最後までつかめなかった。右腕の九里に対し、先発で左打者6人を並べた。だが直球で内角を意識させられ、外角のカットボール、逃げながら落ちる変化球を打たされた。内野ゴロが17と完全に相手バッテリーの術中にはまった。
 象徴的だったのが九回。先頭辰己が中前打で出塁したが、続く茂木が外角の落ちる変化球で投ゴロ併殺打。茂木は「思っていたよりも落ちる変化球が多かった。打ちにいっても、いいところに決まり、結局は打たされてしまった」と脱帽するしかなかった。
 平石監督は「九里の投球は想定内だったが、変化球の抜け方が良く、なかなか仕留められなかった」と振り返った。
 交流戦は2連敗で終えたものの、10勝8敗と勝ち越すことはできた。「ここから球宴までの前半戦が大事になる。今が頑張り時だし、体力的にも踏ん張りどころ。前を向いてやっていきたい」と指揮官。28日に再開するリーグ戦に向けてチームを鼓舞していた。(丹野大)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る