<楽天>大花火 1試合7本塁打の球団新記録 辰己が歴史刻む

2019年06月15日

1枚目/7枚中

【東北楽天11-2広島】1回東北楽天無死、茂木が右中間に先制の本塁打を放つ。捕手会沢=2019年6月14日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天が歴史的な一発攻勢でセ・リーグ首位の広島を粉砕した。1試合7本塁打は球団新記録。本拠地球場の空に次々と架かる大きなアーチに仙台のファンは酔いしれた。
 一回、猛攻の号砲を鳴らしたのは1番茂木だった。先発床田の直球を捉え今季2度目の先頭打者弾。「まずは先制と考えていた。あとにつなぐ意識で打席に入ったのが良かった」
 これで打線に火が付いた。島内の右前打、浅村の四球で無死一、二塁とし、ブラッシュが高めの直球を左中間席に豪快にたたき込んだ。さらに6月の月間打率が1割台と低迷していたウィーラーにも一発がでた。
 二回はルーキー太田のプロ初本塁打と浅村のソロ、四回には浅村の2打席連続ソロで早くも球団記録の6本に並んだ。
 新記録はドラフト1位新人、辰己が刻んだ。五回無死一塁から2番手薮田の内角直球を右越えに運んだ。「内角を狙っていた。背番号7だから僕が打ったんですかね」と笑いを誘った。
 交流戦では4日の巨人戦以来、本塁打がなかった。球団史を塗り替える大勝に平石監督は「序盤から素晴らしい攻撃だった」と評価した。
 一方で気になるデータもある。2010年に1試合6本塁打した翌日の試合は零敗した。指揮官は「逆に慎重になり過ぎるのも良くない。攻めの気持ちを持って臨みたい」と次戦へ闘志を見せた。(丹野大)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る