<楽天>則本昂、1軍練習に合流 今月下旬に2軍戦登板へ

2019年06月13日

4枚目/6枚中

手術後初めて1軍練習に参加し、岸とともにウオーミングアップをする則本昂(右手前)=2019年6月12日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天の則本昂が12日、1軍の練習に合流した。今後は1軍に帯同しながら調整し、今月25日前後に2軍戦での登板を予定。3~4試合で投げ、1軍でのマウンド復帰を目指す。
 則本昂は、キャッチボールやランニングなどで汗を流した後、石井ゼネラルマネジャー(GM)、伊藤投手チーフコーチらが見守る中、ブルペンで直球に変化球を交えながら約50球を投じた。練習後は「順調です」と笑顔を見せた。
 石井GMは1軍での練習について「緊張感のある中だといい力も出てくる」と説明。1軍での登板時期は「(実戦で)100球を投げられるようになってからだ」と語った。
 則本昂は、3月中旬に右肘のクリーニング手術を受けて開幕から離脱。5月下旬からは2軍のブルペンで調整を進めてきた。
 石井GMは「腕の振りや球の回転もいい。ただ、チームにとって大きなピースなので慎重に迎えたい」と話した。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る