<春季東北高校野球>仙台育英8強 東北学院も初戦突破

2019年06月07日

9枚目/9枚中

【東北学院10-3山形学院】力投する東北学院先発の井上=2019年6月6日、山形県野球場

 第66回春季東北地区高校野球は6日、山形県野球場と山形市総合スポーツセンター(SC)野球場で開幕した。1、2回戦計4試合があり、仙台育英(宮城)と東日本国際大昌平(福島)が準々決勝進出を決め、東北学院(宮城)と盛岡大付(岩手)が2回戦に進んだ。
 仙台育英は秋田中央に13-6で打ち勝った。東日本国際大昌平は終盤に一挙6点を奪って能代に8-1で快勝。東北学院は三回に7点を挙げるなど打線がつながり、山形学院に10-3で七回コールド勝ちした。盛岡大付は3投手の継投で日大東北を5-1で破った。
 第2日の7日は両球場で2回戦6試合がある。

◎きのうの結果

 ▽1回戦
東北学院 10―3 山形学院
盛岡大付 5―1 日大東北
 ▽2回戦
東日本国際大昌平 8―1 能代
仙台育英 13―6 秋田中央

◎きょうの試合(左が1塁側)

 ▽2回戦(山形県野球場)
明桜(秋田) ― 弘前東(青森) 9時
東北(宮城) ― 学法石川(福島) 11時30分
盛岡大付(岩手) ― 鶴岡東(山形) 14時
 ▽同(山形市総合SC)
花巻東(岩手) ― 東北学院(宮城) 9時
日大山形(山形) ― 弘前学院聖愛(青森) 11時30分
青森山田(青森) ― 盛岡四(岩手) 14時

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る