<アングル宮城>栗原・栗駒の空き店舗改装 若者開業、活気生む

2019年06月03日

1枚目/6枚中

【集い】空き店舗活用の先駆者がカフェ「かいめんこや」の店主杉浦風ノ介さん(42)=右端=。課外活動で訪れた高校生に「人が集い生きた情報が集まるのがカフェです」=2019年5月30日

 宮城県栗原市栗駒岩ケ崎の商店街で、空き店舗を改装して新たに店を出す動きが相次いでいる。主な担い手は20~40代の若者たちで、市に移住やUターンなどをしてシャッターを開ける。
 アウトドア用品店、地元で作るジーンズショップ、スープが売りの飲食店、焼鳥店、ケーキが楽しめるカフェ、手芸雑貨店。
 東西約400メートルの六日町通り商店街とその周辺で、2017年9月から今春までに、6店が空き店舗を利用して開業した。6月以降も文具・雑貨店とバーの2店が後に続く。
 6月14日で岩手・宮城内陸地震から11年。空き店舗率は約34%となお高いが、商店街に新たな活気がどんどん芽生えている。
(若柳支局・古関一雄)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る