<楽天>弘前で2年連続先発の古川、雪辱ならず 投げミス落胆「詰めの甘さ出た」

2019年05月30日

3枚目/32枚中

【東北楽天1-4西武】東北楽天先発の古川=2019年5月29日、青森県弘前市の市運動公園野球場

 弘前で2年連続の先発を務めた東北楽天の古川は、またもファンに勝利を届けられなかった。「打たれたのは失投。詰めの甘さが出てしまったのが悔やまれる」と声を落とした。
 テンポの良い投球が三回に突如崩れた。先頭戸川に1ボール2ストライクから右前打を許し、続く金子侑にも高めの直球を右前に運ばれた。下位打線の連打で動揺したところに、5月絶好調の1番秋山(八戸大出)には真ん中のカーブを中前適時打とされた。その後も外崎の中犠飛で加点され、伊藤投手チーフコーチは「西武は上位打線が強力。もったいない走者の出し方だ」と悔やんだ。
 1-2の六回にも失投があった。山川(富士大出)に甘いスライダーを左翼席に放り込まれた。古川は「投げミスだった」と嘆いた。
 東北楽天の投手陣にとって秋山は天敵となっている。前日は塩見が先制ソロを浴びた。この試合前まで打率4割、3本塁打と打ち込まれている。平石監督は「いい打者なので普通に攻めても抑えられない。もっといやらしく攻める」と対策の必要性を強調した。
 約1カ月ぶりに立った首位の座を一夜で明け渡した。31日からソフトバンクとの3連戦を迎える。指揮官は「気持ちを切り替えて準備したい。全力で勝ちにいく」と首位奪還を誓った。(狭間優作)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る