東北に勇気届ける 平成の両陛下

2019年04月26日

4枚目/7枚中

<育む>津波被災地でイチゴ栽培を始めた農業法人のハウスで、イチゴの摘み取りを楽しまれる天皇、皇后両陛下=2015年3月14日=東松島市牛網

 天皇陛下は即位後、1990(平成2)年の青森県を皮切りに、皇后さまと共に東北各地を訪問された。全国植樹祭といった公式行事の出席にとどまらず各種施設などにも積極的に足を運び、地元住民らと交流した。東日本大震災、東京電力福島第1原発事故の後は岩手、宮城、福島3県の被災地を中心に視察や見舞いを重ね、傷つき、悲嘆に暮れる被災者を勇気づけた。平成の両陛下の東北での歩みを写真で振り返る。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る