<震災8年>教訓後世へ 被災3県に震災遺構38件

2019年03月06日

7枚目/10枚中

[旧JR野蒜駅(宮城県東松島市)]駅舎は鉄筋コンクリート一部2階、床面積は約580平方メートル。津波で1階部分が浸水した。JR東日本によるJR仙石線再建に伴うルート変更で、駅は内陸に移設された。2016年10月、駅舎を改修し、震災復興伝承館として津波被害の記憶を伝える

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る