<楽天>日本一奪い取る、久米島野球場で自主練 きょうキャンプイン

2019年02月01日

1枚目/6枚中

キャンプイン前日の自主練習でシャトルランに励む銀次ら東北楽天の選手たち=2019年1月31日、沖縄県久米島町の久米島球場

 東北楽天の各選手はキャンプイン前日の31日、沖縄県久米島町の久米島野球場で自主練習をした。新加入の浅村内野手、ブラッシュ外野手ら主力約40人が、ランニングやキャッチボールなどで軽めの調整をした。
 昨季、6年連続の2桁勝利を収めた則本がブルペンで捕手を座らせて10球を投げ、「自分でもびっくりするくらい状態がいい。この感じをキープしていきたい」と笑顔を見せた。後ろから投球を見守った石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は「上半身と下半身の動きが合っている。仕上がっていると思う」と目を細めた。
 キャンプを1軍でスタートするドラフト1位の辰己(立命大)は温暖な気候の中での練習に「のびのびとプレーができそうだ」とうれしそうに話した。
 同日夜に行われた全体ミーティングでは、平石監督が「戦う集団になり、日本一を奪いにいこう」と呼び掛けた。

 プロ野球は2月1日に国内外でキャンプインする。各球団は31日までに宮崎、沖縄両県などのキャンプ地に入り、3月29日のセ、パ両リーグの開幕に向けて始動する。
 宮崎県では、ソフトバンクが宮崎市に入り、昨年に続いて日本一を祝うパレードで祝福を受けた。セ・リーグ4連覇を目指す広島と昨季パ・リーグ王者の西武は日南市に入った。沖縄県にはDeNAと矢野新監督が率いる阪神が到着した。
 4年連続の海外キャンプとなる日本ハムは米アリゾナ州スコッツデールで1日(日本時間2日未明)に始動。注目新人の吉田輝(秋田・金足農高)は沖縄県国頭村の2軍キャンプでスタートを切る。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る