2019年東北の祭り(1~2月)

2019年01月22日

47枚目/74枚中

<節分>宮城県村田町の姥ケ懐(うばがふところ)地区で伝統の豆まきがあった。地域の鬼の伝説を踏まえ「福は内、鬼も内」と掛け声を上げ、一年の健康と地域の安全を願った。地元の言い伝えでは、平安中期の武士渡辺綱(わたなべのつな)が京都で鬼の片腕を切り落とし、逃げた鬼を捜して姥ケ懐地区にたどり着いた。鬼は老婦人に姿を変えて現れ、綱から腕を奪って消え去った。地元住民は今でも綱の無念を思い、鬼を逃がさないよう「鬼は内」と声をそろえるという。鬼の像に向かい、おきな姿で豆まきをした=2019年2月3日、宮城県村田町

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る