2019年東北の祭り(1~2月)

2019年01月22日

43枚目/74枚中

<米川の水かぶり>国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産「来訪神 仮面・仮装の神々」の一つで、宮城県登米市の火伏せ行事「米川の水かぶり」が、同市東和町米川地区であった。昨年11月の登録決定から初めての開催で、過去最高の約5000人の見物客が沿道を埋めた。わら装束をまとい顔にすすを塗った小学生から60代までの男衆約30人が「ホーッ」「ホーッ」と甲高い奇声を発して地区に繰り出し、用意された木おけの水を勢いよく家々に掛けて歩いた。火伏せを祈願し、建物に勢いよく水を掛けるわら装束の男衆=2019年2月2日、宮城県登米市東和町米川

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る