2018年東北の祭り(11~12月)

2018年12月10日

32枚目/58枚中

<えと人形作り>宮城県大崎市田尻大貫地区の住民らでつくる「たじり古代稲生産組合」は同地区の組合員宅で、古代米の稲わらを使い、来年のえとのイノシシをかたどった人形作りを行った。2001年から続く年末恒例の作業。組合員の女性5人が乾燥させた古代稲のわら4種類を針金で束ね、高さ10センチ、体長15センチのイノシシに仕上げた。イノシシのえと人形を作る組合員たち=2018年12月9日、宮城県大崎市田尻大貫

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る