2018年東北の祭り(11~12月)

2018年12月10日

25枚目/58枚中

<笹野一刀彫>山形県米沢市笹野地区に受け継がれる笹野一刀彫の工房で、干支「亥(い)」にちなんだイノシシの置物作りが最盛期を迎えている。実演販売所「鷹山」では、6年前に脱サラして後継者となった7代目戸田賢太郎さんが、秋口に乾燥させた野生の白いコシアブラの原木をなたのようなサルキリと呼ばれる刃物で丁寧に削っていく。代表的な一刀彫「お鷹(たか)ぽっぽ」でおなじみのくるりと巻き上げる技法で、背中の毛としっぽを仕上げている。コシアブラの原木を削ってイノシシを形作っていく戸田さん=2018年12月5日、山形県米沢市

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る