<ドラフト>吉田投手、北の大地へ ダルビッシュや大谷生んだ球団でプロ第一歩

2018年10月26日

1枚目/9枚中

日本ハムから1位指名を受け、チームメートらに胴上げされる吉田投手=2018年10月25日、秋田市の金足農高

 東北の剛腕が北の大地へ-。今夏の第100回全国高校野球選手権で秋田勢として103年ぶりに準優勝した金足農高(秋田)のエース吉田輝星投手(17)が25日、プロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名された。「金農フィーバー」の立役者は、大谷翔平選手(米大リーグ・エンゼルス、岩手・花巻東高出)ら数々の高卒の好投手を生んだ球団でプロの第一歩を踏み出す。

 秋田市にある同校の食堂で仲間の選手たちと固唾(かたず)をのみながら、中継のテレビ画面を見守った。午後5時の会議開始から34分後、運命の瞬間が訪れた。
 「日本ハム 吉田輝星 投手 17歳 金足農業高校」
 外れ1位ながら待ちに待った指名を受け、かすかに頬を緩めた。チームメートの拍手が耳に入ってくると、安堵(あんど)の気持ちが込み上げた。「ほっとした。たくさんの名前が呼ばれる中で自分の名前が呼ばれ、うれしかった」
 約130人の報道陣が詰め掛けた体育館での記者会見で、北海道でのプロ生活に夢を膨らませた。「新人王になりたい」「球界を代表する選手になり、日の丸も背負いたい」と次々と大きな目標を口にした。
 東北の高校球児として甲子園球場を沸かせた大谷選手やダルビッシュ有投手(カブス、宮城・東北高出)は共に日本ハムから米大リーグへ渡っていった。
 中泉一豊監督は選手育成に定評のある日本ハムでの成長を願い「地道に一歩ずつ進み、日本一の選手になり、さらに世界へ羽ばたいてほしい」と期待を寄せた。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る