<秋季高校野球>盛岡大付がコールド勝ち 公式戦初アーチの小川「練習の成果」

2018年10月16日

1枚目/4枚中

【盛岡大付7-0酒田南】3回裏盛岡大付1死、小川が左越えにソロ本塁打を放ち、5―0とする=2018年10月15日、こまちスタジアム

 【評】盛岡大付が一回に畳み掛けた。先頭峰の二塁打を足掛かりに4四球と小川、島上の適時打で一挙4点。左腕阿部も4安打無失点と好投し、七回コールド勝ちした。酒田南は投打に精彩を欠いた。

 ▽準々決勝(こまちスタジアム)
 酒田南(山形)0000000 =0
盛岡大付(岩手)4010011x=7
(七回コールドゲーム)

<小川が初アーチ、貴重な追加点>
 盛岡大付は4-0の三回、小川のソロ本塁打で貴重な追加点を挙げた。「公式戦で初めて。大事な大会で打ててうれしい」と全身で喜びを表した。
 変化球の後の2球目の直球を「狙っていた」と振り抜き、左翼席に運んだ。岩手県大会は不振に陥り、「(チームメートの)峰や平賀のタイミングの取り方を参考に練習した成果が出せた」と胸を張った。
 地区大会は4番、県大会は2番、今大会は6番と、強打者がひしめく盛岡大付で競争にもまれながら、成長している。「次もチームの勝利に貢献したい」と語った。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る