<秋季高校野球>古川 延長サヨナラ

2018年10月15日

1枚目/5枚中

【古川4―3弘前東】 延長10回古川2死満塁、押し出しの四球でサヨナラのホームを踏んだ三走千坂(1)を迎える古川ナイン=2018年10月14日、八橋球場

 第71回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦6試合があり、古川(宮城第2)、仙台育英(宮城第1)、秋田修英(秋田第1)などが準々決勝に駒を進め、8強が出そろった。
 古川は延長十回、弘前東(青森第2)に4-3でサヨナラ勝ちした。仙台育英は福島商(福島第3)に10-2で七回コールド勝ちした。秋田修英は大崎中央(宮城第3)を9-1で下した。
 第3日の15日は両球場で準々決勝4試合がある。

◎古川延長サヨナラ

 ▽2回戦(八橋球場)
弘前東(青森)
   0010010010 =3
   1000100101×=4(延長十回)
古川(宮城)

 【評】古川が延長十回サヨナラ勝ち。3四球による2死満塁から熊谷が押し出し四球を選んだ。3度追い付かれる中、守備陣が無失策で千坂を支えた。弘前東は九回の勝ち越し機に左翼手の好返球で得点を阻まれた。

<無失策で主戦支える>
 古川が延長十回サヨナラ勝ちし、57年ぶりの東北大会で白星をつかんだ。主戦千坂をバックが無失策で支え、茂泉監督は「県大会では足を引っ張っていた。練習で積み上げたことが形になった」と喜んだ。
 3-3の九回1死二塁から左前打を浴びたピンチでは、左翼手尾形の好返球で二走の本塁生還を阻止。「緊張はあったが、強気でいった」と尾形が言えば、千坂は「練習の成果をここ一番で出してくれた」と感謝した。
 延長十回は各打者が球を見極め、4四球でしぶとく押し出しにつなげた。茂泉監督は「最後まで諦めない内面の強さもあった。気を緩めず、次も挑戦者のつもりで戦いたい」と語った。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る