<秋季高校野球>仙台育英6回に一気

2018年10月15日

1枚目/3枚中

【仙台育英10―2福島商】6回表仙台育英2死一、三塁、水岡が右中間に2点二塁打を放つ=2018年10月14日、こまちスタジアム

 第71回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦6試合があり、古川(宮城第2)、仙台育英(宮城第1)、秋田修英(秋田第1)などが準々決勝に駒を進め、8強が出そろった。
 古川は延長十回、弘前東(青森第2)に4-3でサヨナラ勝ちした。仙台育英は福島商(福島第3)に10-2で七回コールド勝ちした。秋田修英は大崎中央(宮城第3)を9-1で下した。
 第3日の15日は両球場で準々決勝4試合がある。

◎仙台育英6回に一気

 ▽2回戦(こまちスタジアム)
仙台育英(宮城)
   0102043=10
   0002000=2
福島商(福島)
(七回コールドゲーム)

 【評】仙台育英が中盤以降に地力の差を見せた。四回に1点差まで迫られたが、六回に大栄の犠飛や水岡の2点二塁打などで4点を奪って突き放した。福島商は3安打に終わった。

<水岡2点二塁打、大けが感じさせぬ一振り>
 仙台育英の水岡が六回に勝利を決定づける2点二塁打を放った。2死一、三塁で低めの直球を中越えに運び、「得意のローボールは逃さないつもりで振っていった」と納得の表情で振り返る。
 1週間前、練習試合の守りで味方のけん制球が顔面を直撃。前歯を6本折り、唇を約30針縫う大けがを負ったが、今大会は志願してベンチ入りした。「踏ん張るときは奥歯なので大丈夫」。けがを感じさせない一振りだった。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る