<楽天>藤平、本拠地7戦全敗 序盤3失点「万全の状態だったのに」

2018年09月11日

1枚目/13枚中

【東北楽天1-3日本ハム】2回日本ハム2死一塁、淺間に勝ち越しの右越え2ランを許し、打球の行方を追う東北楽天先発・藤平(伊深剛撮影)=2018年9月9日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天の先発藤平は1年目の昨季から本拠地の楽天生命パーク宮城で7戦全敗となった。二回まで4四球、3失点と立ち上がりに課題を残し「ブルペンでは悪くない。万全の状態だったのに」と首をかしげた。
 序盤は投げるのが精いっぱいの状況だった。一回1死、西川に四球を与えた。盗塁王を争う俊足に二盗を許し、近藤の内野安打で一、三塁。続く中田の右犠飛で簡単に先制された。一回に先取点を奪われるのは4試合連続だ。
 同点となって迎えた二回は先頭鶴岡への四球で反撃ムードに水を差した。2死一塁から浅間に2ランを浴び、観客からは悲鳴が上がる。直後にまた西川に四球、二盗を許すと、今度は守る選手がうつむいた。
 「相手に流れを渡してしまった。序盤はもっと打者に気持ちを向けなくてはいけない」と藤平。平石監督代行は「自分との戦いになるのは藤平の悪いところ。四球で出した走者に2度も盗塁されるのも厳しい」と苦言を呈した。
 収穫は三回以降か。走者がいなくてもセットポジションから投げ、制球重視で六回まで無安打に抑えた。平石監督代行は「三~六回は修正したが、一、二回は全く駄目だ。期待しているからこそ、厳しい評価になる」。険しい表情でエース候補に奮起を促した。(狭間優作)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る