<甲子園>花巻東 先発伊藤力尽きる「連打浴びボール甘くなった」

2018年08月10日

1枚目/10枚中

【花巻東2-4下関国際】10回表下関国際2死、勝ち越され、2番手西舘にマウンドを譲る花巻東先発の伊藤(左)=2018年8月9日、甲子園

 花巻東は先発伊藤が力尽きた。九回は1死から3連打を許して追い付かれると、延長十回も1死から3連打で勝ち越しを許す。「連打を浴びるうちにボールが甘くなってしまった」。がっくり肩を落とした。
 右打者の胸元に食い込むシュートと、打ち気をそらすチェンジアップ。剛と柔を巧みに交えて七回まで1失点。テンポも実に良く、完投は間近だった。「序盤は早いカウントで打ち取れたが、終盤はそれができなかった」と伊藤。下関国際打線に牙をむかれた。
 伊藤は八回を過ぎたころから明らかに肩で息をし始めていた。それでも代えられなかったのはチームの苦しい台所事情がある。
 春は田中を主戦に8強まで上り詰めたが、疲労が抜けず本調子には遠い。花巻東OBの菊池雄星(西武)大谷翔平(米大リーグ、エンゼルス)級の逸材と言われる2年西舘も腰痛が癒えたばかり。夏の岩手大会は伊藤がほぼ一人で投げ抜いてきた。
 「代えるべきだったが、控えの状態が良くない。伊藤の後に誰かを起用しようとは思わなかった」と佐々木監督は吐露する。「最後までしっかり投げたかった」。そう悔しがる右腕を、誰も責めることはできない。(今愛理香)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る