<楽天>岸、中盤失速2敗目 変化球打たれ14戦ぶり黒星

2018年08月05日

1枚目/31枚中

【東北楽天0-3ロッテ】5回に藤岡に2ランを浴び、さえない表情でベンチへ戻る東北楽天先発の岸=2018年8月4日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天の岸、ロッテのボルシンガーによるリーグ防御率1、2位の好投手対決は、ボルシンガーに軍配が上がった。14試合ぶりの黒星を喫した岸は「相手がボルシンガーなので先制点は与えたくなかったが…」と悔やんだ。
 岸は三回まで1安打、4奪三振と抜群の内容だったが、中盤に攻略された。
 四回、先頭の伊志嶺、藤岡の連打で無死一、二塁。続く中村を空振り三振に仕留めたものの、前の打席で右前打を許した井上にカーブを左前に運ばれ、先制された。
 追加点は避けたい五回。平沢(仙台育英高出)の死球をきっかけに2死二塁とされ、打席には今季ここまで7打数5安打と苦手とする藤岡が入る。
 「点が入るところでは抑えたかった」と警戒したが、チェンジアップが真ん中低めに甘く入り、痛恨の右越え2ラン。井上の先制打を含め、打たれたのは全て変化球。森山投手コーチは「ここまで(岸が)打たれるのはおかしい。しっかり分析する」と険しい表情で語った。
 3試合連続の逆転勝利を手土産に本拠地に戻ったが、後半戦初の2連敗を喫してしまった。「今日もたくさんの声援を送ってくれたのに申し訳ない」と平石監督代行。反撃の勢いがなくなってしまう同一カード3連敗だけは避けたい。(狭間優作)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る