<楽天>紙一重の黒星 平石監督代行「勝負かけた結果」

2018年08月04日

1枚目/24枚中

【東北楽天1-2ロッテ】7回裏東北楽天無死二、三塁、銀次の右前適時打で二走今江が本塁を狙うもタッチアウト。捕手田村=2018年8月3日、楽天生命パーク宮城(佐藤将史撮影)

 東北楽天は延長十回に及ぶ接戦を攻守に紙一重の差で落とした。「勝負をかけた結果。だが残念で悔しい」と平石監督代行はもどかしそうな表情を浮かべた。
 守備で痛恨だったのが延長十回1死一塁での茂木の失策だ。岡の打球が三遊間へ転がった場面、遊ゴロ併殺打に仕留めることもできたが、茂木はグラブにボールを収め切れずエラー。
 この後の1死一、三塁で代わった久保が田村に右犠飛を許し、これが決勝点。茂木は「(併殺を意識せず)確実に捕球すればよかった」と一瞬の迷いを悔やんだ。
 攻撃では七回以降、わずかな差で次の塁を逃した。象徴的なのが七回無死二、三塁、銀次が右翼線へ適時打を放った場面。三走島内の生還で同点とし、二走今江も本塁を突いたが、際どくタッチアウトになった。平石監督代行がリクエストしたが判定は覆らず、「セーフと思ったが仕方ない」と今江は唇をかんだ。
 八回には1死一塁から嶋の右前打で三塁に滑り込んだ一走藤田が、ロッテのリクエストでアウトに。野球に「たら」「れば」は禁物だが、際どい判定に左右された感もあった。
 何とも後味の悪い敗戦で、後半戦5カード連続の初戦勝利も途切れた。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る