<楽天>爽快に逆転 今江が献身3得点に絡む

2018年06月25日

1枚目/16枚中

【東北楽天6-5日本ハム】5回東北楽天2死一、三塁、今江が左前適時打を放つ=2018年6月24日、楽天生命パーク宮城

 勝利の白いジェット風船を飛ばすファンの爽快感は今季これまでにないものだっただろう。東北楽天が4点差を逆転したのも、本拠地で土日に連勝したのも今季初めて。「苦しい展開から粘って手にした大きな勝利」。平石監督代行は一勝の重みを強調した。
 勝ち越し点は田中の一生懸命さが実った。八回2死二、三塁、田中が内角低めの速球を引っ張った打球は一塁線で高いバウンドになった。打球を処理した中田と、石川直投手(山形中央高出)の一塁カバーよりも早く、田中は一塁を駆け抜けてセーフに。この一塁内野安打で、三走島井を本塁へ迎え入れた。田中は「ファウルになるかもと思ったが、全力で走ったのが良かった」と汗を拭った。
 しぶとい反撃が奏功した。3得点に絡んだ今江の働きが献身的だった。好守も見せた本人は「打って走って、疲れたよ」と苦笑い。一回にまず左犠飛。四回には先頭で左翼線二塁打を放つと、1死三塁から三走として三塁ゴロで本塁を陥れた。五回2死一、三塁でも左前打で4-5とした。
 「タナモギアイランド(田中、茂木と島内の島)」の呼称も定着しつつある新1~3番を起爆剤に打線は活気づいてきた。栗原打撃コーチは「劣勢を覆す雰囲気が出てきた。今日開幕したくらいの気持ちで、もっと調子づいてほしい」と期待した。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る