<楽天>熱闘報われず 今季最長5時間16分

2018年06月23日

1枚目/33枚中

【東北楽天7-8日本ハム】12回日本ハム1死三塁、西川(左)に勝ち越しの中前適時打を許し、うつむく東北楽天8番手小野=2018年6月22日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天は延長十二回、1死三塁から8番手小野が西川に中前打を浴びると、観客からはため息が漏れた。両リーグを通じて今季最長の5時間16分に及ぶ試合に負け、連勝が2で止まった。平石監督代行は「長時間戦った末に敗れて悔しい」と唇をかんだ。
 「あの展開で接戦をものにできたらよかったが…」と平石監督代行が悔やんだのが、7-4とリードした直後の八回だ。勝ちパターンとして5番手で送り出した福山が同点3ランを浴びた。
 この回1死二、三塁で西川を迎えた場面。「低めへ投げてのゴロヒットなら仕方ない」(森山投手コーチ)とベンチは1、2失点は覚悟したが、福山が外角低めへ狙ったシュート気味の変化球は甘く浮き、痛打された。左翼席への痛恨の被弾を許し、福山は「最悪の結果になり申し訳ない」と反省しきりだった。
 6番手ハーマン、7番手高梨が粘っただけに、八回以降の攻撃の無得点も痛かった。特に延長十一回1死満塁から銀次、枡田が相次いで倒れ、サヨナラ勝ちを逃した。
 それでも一回途中に辛島が負傷降板するまさかの展開から接戦に持ち込んだ粘りは見事。平石監督代行は「(23日の試合に)しっかり切り替えて本拠地のファンに喜んでもらうしかない」と強調した。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る