<楽天>うっぷん晴らし 銀次の先制弾が口火

2018年06月18日

1枚目/34枚中

【東北楽天8-0阪神】2回東北楽天無死一塁、銀次が先制の右越え2点本塁打を放つ=2018年6月17日、楽天生命パーク宮城

 東北楽天の平石監督代行の初戦を飾るにふさわしい快勝だ。3本塁打を含む12安打8得点。今までの貧打にあえいだうっぷんを晴らすように打線が爆発した。
 二回、銀次の先制2ランが効いた。新指揮官に「不調でも先発で使い続けるべき主力」と評価されてきた教え子が気を吐いた。「バントの指示はないと言われていた。2ボールだし、思い切って打った」。外角の速球を強打して右中間席に運んだ。
 これで打線に火が付く。四回1死からアマダー、藤田の連続ソロが飛び出すと、五回2死満塁からは2人の連続適時打で一挙4点を奪った。
 「あれで、みんなが『よしいける』と思えた」。銀次が一気に流れを呼んだ場面と力説するのが、阪神の先取点を阻止した今江の好守だ。二回2死二塁から三塁線を抜けそうな打球を横っ跳びで好捕し、三塁に走り込んできた伊藤隼をタッチアウトにした。
 ウィーラーの離脱もあり、今江を4度のゴールデングラブ受賞経験がある三塁で今季初先発させた、大阪・PL学園高の先輩でもある平石監督代行の起用が的中した。
 「本塁打でチームが勢いづいたし、ベンチの声がものすごく出ていたのがうれしかった」と平石監督代行。「失敗を恐れず目の前の試合を戦う」と最下位からの逆襲を誓った。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る