<楽天>ジメジメ 打てず守れず 本拠地のファンにまたも勝負弱さ露呈

2018年06月02日

1枚目/22枚中

【東北楽天2―5ヤクルト】4回、東北楽天2死一、二塁、岡島の左前打でホームを狙うがタッチアウトとなり肩を落とすウィーラー(庄子徳通撮影)=2018年6月1日、楽天生命パーク宮城

 打てず、守れず。東北楽天は本拠地のファンの前でまたも勝負弱さを露呈した。
 打ち取ったはずだった。1-1の七回2死満塁。遊撃茂木の前に、ゴロが転がった。「(投げるのは一塁か二塁か)ボールを取ってから判断しようと思った」。前進せずに、その場で打球を待ったのが誤算。目の前で弾み方が変わり、中前に抜け一気に2点を失った。「状況判断と打球判断、そして技術が足りなかった」とうなだれた。
 打線にも判断ミスが目立った。象徴的なのが六回。連続四球で無死一、二塁としたが、ペゲーロが二ゴロ併殺打に倒れた。なおも申告敬遠と死球で満塁とするも、岡島が投ゴロ。1回で計4四死球と十分過ぎる勝ち越し機を得ながら、1点も奪えなかった。
 この回を含め、併殺打は今季最多の4。「1点でも先行できれば、違った形になっただろう」と梨田監督。平石ヘッドコーチは「相手は厳しい状況だと配球を変えてくる。打者はもっと工夫したり、考えたりすることが必要だ」と指摘する。
 巻き返しを期したはずの交流戦は3戦全敗で今季6度目の3連敗となった。早くも梅雨入りしたかのような状況を打破したい。(狭間優作)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る