<楽天>拙守続出し自滅 銀次、細川、松井…監督ため息「最初も最後もミス」

2018年05月24日

1枚目/31枚中

【東北楽天2-5オリックス】9回オリックス2死二塁、東北楽天5番手・松井が吉田正へ暴投。二走福田が一気に生還し、オリックスが5―2とする=楽天生命パーク宮城(岩野一英撮影)

 東北楽天は度重なる拙守で点を献上し、自滅同然の負けを喫した。序盤の失点が多い美馬を支え切れなかったのが一回。宮崎を打ち取った当たりが際どく三塁線を抜ける二塁打となったのに始まる1死三塁で、一つ目の守備の乱れが出た。
 吉田正のゴロ打球は前進守備の二塁銀次の正面へ。捕球して本塁に送球すれば三走をタッチアウトにできるかと思われた瞬間、銀次は鋭い打球を後ろにそらし、三走の生還を許した。試合開始早々リズムを崩した形に、銀次は「あれで負けたようなもの」と責任を痛感した様子だった。
 接戦の展開だった終盤にも守備にほころびが出た。1-2の七回2死三塁では、高梨が宮崎に投げた外角低めの球を細川が後逸して1点を与えた。九回には、松井が福田の適時打で1失点した後の2死二塁に痛恨の暴投。ボールが捕手嶋の後方を転々とする間に、二走福田は三塁どころか一気に本塁に到達した。
 「最初も最後も守りのミスでの失点。(九回は)二塁からかえられるようではなあ…」。試合後の梨田監督はため息交じりだった。
 敗色濃厚になった九回途中から天候が悪化し、帰途に就く観客が続出した。その大粒の雨は、平日デーゲームにわざわざ足を運んだのに惨敗を見せられたファンの悔し涙のようだった。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る