<GW>名残の車列 東北・Uターンピーク

2018年05月06日

2枚目/12枚中

一迫地区の春を彩る恒例の「政岡まつり」。華やかな山車が通りを練り歩いた=2018年4月29日、宮城県栗原市

 大型連休を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンが5日、ピークを迎えた。東北各地でも首都圏に向かう高速道路や新幹線が混雑した。連休最終日の6日も混雑は続く見通し。
 日本道路交通情報センターによると、東北自動車道上り線は福島市の福島トンネル付近で正午ごろに16キロの渋滞が発生。大崎市の古川インターチェンジ(IC)付近でも午後5時半ごろ10キロの渋滞となった。
 JR東日本によると、東京方面に向かう自由席では、東北新幹線の午後1時7分盛岡発「やまびこ48号」と山形新幹線の午後1時18分新庄発「つばさ144号」がともに乗車率120%に達した。6日も指定席は終日ほぼ満席となっている。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る