フィギュア・ザギトワ選手へ贈呈の秋田犬「MASARU」お披露目

2018年05月04日

5枚目/5枚中

秋田犬の容姿の美しさを競う「秋田犬本部展」で、背筋を伸ばし審査員にアピールする秋田犬=2018年5月3日、秋田県大館市の桂城公園

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)に秋田犬保存会が贈る秋田犬「MASARU(マサル)」が3日、秋田犬発祥の地とされる大館市でお披露目された。
 今年2月に生まれた赤毛の雌。写真や動画を見て自ら選んだザギトワ選手はビデオでコメントを寄せ、「秋田犬は素晴らしい伝統がある。届けてもらうのが楽しみ」と語った。
 マサルを育てた大仙市の浜田正巳さん(79)は鼻筋や目尻を指さし「まさに秋田美人。性格も人懐っこい。ロシアで幸せになってほしい」と話した。
 マサルは今月末、モスクワにあるフィギュアスケート連盟のリンクでザギトワ選手と対面する予定。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る