<震災7年>各地で追悼の祈り 私たちができること 涙を拭って進むこと

2018年03月12日

4枚目/206枚中

震災後、毎年3月11日近くに岩井崎を訪れるという秋田市の女性(54)。気仙沼にはボランティアに入っていたといい、当時を思い出し目頭を押さえた=2018年3月11日午前5時50分ごろ、宮城県気仙沼市波路上岩井崎

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る