<楽天>藤平3回無失点、ローテ当確 監督が太鼓判「当然入るでしょう」

2018年02月25日

8枚目/11枚中

【東北楽天11―5広島】4回から2番手で登板し3回無失点と、2試合続けて好投した藤平=2018年2月24日、コザしんきんスタジアム

 19歳藤平の成長が著しい。16日の阪神との練習試合に続き、四~六回を投げたこの日も無安打、無四球で無得点と完璧な結果を出した。開幕まで1カ月以上あるが、梨田監督は藤平の先発陣入りについて「当然入るでしょう」と太鼓判を押した。
 好調ではなかったが、内野ゴロ五つ、外野フライ三つ、三振一つと、きっちり広島打線を封じた。「力を入れて投げた球は球速も出たし、空振りを誘えた」と納得の球筋だったのが、六回2死から西川を仕留めた真っすぐ。外角高めの145キロで狙い通りバットに空を切らせた。最近練習を重ねた変化の小さいスライダーも効果的に投げ、カウントを稼いだ。
 6人による先発陣は、則本、岸、美馬の3本柱が当確で、辛島も貴重な左腕として続く状況。残り2枠に滑り込むべく、古川、池田らとしのぎを削る中、藤平が5番手の座を勝ち得た格好だ。それを「通過点」と言い切ってしまうところが、藤平の頼もしいところ。
 「今後はいいボールと悪いボールの差を縮めたい。先発陣に入ってからがスタート。1年間先発で回れば、結果も付いてくる」。努力を重ね、勝利に貢献する姿を思い描く姿は、かつてのエース田中(ヤンキース)にも通じる。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る