2018年東北の祭り(1~2月)

2018年01月09日

148枚目/169枚中

<やまがた最上川雛のみち>山形に早春の訪れを告げる「春の序曲 やまがた最上川雛のみち 雛まつり」が、山形市中心部の県芸文美術館で始まった。古式ゆかしいひな人形や色鮮やかなつるしびなの数々が訪れた人の目を楽しませている。山形市のお雛さま研究家安部英子さん(82)が所有する江戸中期の享保雛や古今雛に加え、安部さんが主宰する細工物教室の生徒が作ったつるしびなや傘福など約200点を展示。中でも、右膝を立てて座っている古今雛は当時の生活習慣を今に伝えており、来場者の注目を集めていた。ひな人形やつるしびなを楽しむ来場者=2018年2月16日、山形市

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る