忘れないあの日 震災に翻弄された動物たち

2016年03月08日

21枚目/102枚中

ドイツ在住の画家高木公史さんが陸前高田市に滞在し、被災者の大切な思い出を絵に描いている。高木さんは「もう一度会いたい人や物の再生を通じて心の傷を癒やし、元気を取り戻してほしい」と話し、避難所などを訪ねている。震災で陸前高田市高田町の自宅をなくした浜田さん(右)に肖像画などを手渡す高木さん=2011年6月6日、岩手県住田町(2011年6月7日掲載)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る