被災地に寄り添う【文化・芸能人編】

2016年03月04日

259枚目/259枚中

<柳美里>東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後に福島県南相馬市小高区に移住した芥川賞作家柳美里さん(右)と、東北大大学院の佐藤弘夫教授(日本思想史)が日本人の死生観をテーマとした「春の消息」を刊行し、記念トークショーが行われた。同書で柳さんと佐藤教授は飢饉や冷害、震災といった大災害に見舞われた東北各地の墓地、文化遺産などを探訪。柳さんは「ぜひ本を読んでもらい、死者の記憶とともに(著書で紹介した)各地を巡ってほしい」と話した=2017年12月10日、仙台市青葉区の丸善仙台アエル店

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る