被災地に寄り添う【文化・芸能人編】

2016年03月04日

241枚目/259枚中

<小林武史>東日本大震災で被災した宮城県石巻市の牡鹿半島などを舞台に、2017年夏に開催される総合芸術祭リボーンアート・フェスの打ち合わせをする音楽プロデューサーの小林さん。震災後、炊き出しやボランティア派遣などの支援で被災地に通うにつれ「経済の合理性に縛られた現代社会では、地域が取り残されて過疎化していくことは目に見えている」と危惧するようになった。地域と人をつなぐ方法を探し求めた先に「Art」があった。「芸術祭は期間が長く、準備を含め地元と交流が生まれる。住民にとっても、地域を思う機会になる」と語る。16年7月に開催したプレイベントは、がれき仮置き場だった場所をイベント会場に変え、全国から3日間で延べ約4万人を集めた=2016年11月26日、宮城県石巻市

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る