駆けろオコエ 塁に向かって

2016年01月22日

98枚目/246枚中

【東北楽天3―3ソフトバンク】延長十回1死からオコエ瑠偉外野手のプロ初打席となった。スタンドからの大歓声が耳に入り、「手汗をかくほど緊張した」というが、5球目で四球を選んで出塁した。直後に決めたプロ初となる二盗が最大の見せ場。5度のけん制をされた後、カウント2-1から果敢にスタート。捕手鶴岡慎也が素早く送球をしたが、鋭い滑り込みで二塁を陥れ、梨田昌孝監督らをうならせた。走攻守の技術面で目覚ましい成長を見せるオコエ外野手だが、むしろ精神面の方が充実している様子。「結果を出して喜ばれる選手になりたいが、てんぐにはなりたくない。少ない出場機会で勉強させてもらいながら、アピールを続けたい」とひたむきだった=2016年3月26日、コボスタ宮城

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る