2016年東北の祭り(1月~2月)

2016年01月15日

165枚目/182枚中

<切込の裸カセドリ>火伏せと厄払いを祈願する小正月行事。下帯姿の男衆約10人が「へそび」と呼ばれる釜のすすを顔に塗り、水をかけられて出発。「ホー、ホー」と奇声を発しながら集落を回った。訪れた家では「ご祝儀、ご祝儀」と言って家の人たちの顔にすすを塗り付け、料理や酒でもてなされた。カセドリは「火勢を取る」という意味で200年以上続いているとされ、宮城県の無形民俗文化財に指定されている=2016年2月20日、宮城県加美町宮崎地区の切込集落

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る